自動車保険 フロアーコーティング

1. 完全リサイクルできる

使用後 回収し、同じ製品に作り変えます。
焼却処理をしないのでCO2の排出量を大幅に削減できます。

マムエコボードNと合板の使用済品処理のCO2の排出係数比較予測

それぞれ1BDT(※)を処理する時の排出係数 
※BDT・・・Bone Dry Ton:水分を除いた絶乾重量

 マムエコボードN

輸 送 :0.022(t-CO2/BDT)・・・輸送600kmで計算
再利用:0.423(t-CO2/BDT)
焼 却 :0.100(t-CO2/BDT)
                 合計:0.545 (t-CO2/BDT)

 木製合板

輸 送 :0.002(t-CO2/BDT)・・・輸送60kmで計算
焼 却 :1.577(t-CO2/BDT)・・・経団連データより
                 合計:1.579 (t-CO2/BDT)

 排出係数の比較

合板をマムエコボードNに変更時のCO2の削減効果予測
              (1.579-0.545)/1.579=0.654≒65%

2. 人と環境に安全

ホルムアルデヒド等、有害成分は未検出(検出限界内)。
また、はく離材は必要ありません。
使用者やその周辺環境にも安全です。

マムエコボードNの有害物質分析結果

全クロム
検出限界未満
カドミウム(Cd)
検出限界未満
鉛(Pd)
検出限界未満
ひ素
検出限界未満
総水銀
検出限界未満
ポリ塩化ビフェニル
検出限界未満
フェノール
検出限界未満
ホルムアルデヒト
検出限界未満
   
ダイオキシン類等、有害大気汚染優先取り組み物質22項目 使用・添付していません。焼却、廃棄面からも安心ですが、リサイクルを推奨します。

3. 転用回数がのびる

転用回数は5回以上。(過去の実績では10回以上。)
注意:使い方などにもよります。転用回数は保証するものではありません。

4. コンクリートの仕上がり面がキレイ

表面に特殊PET加工のためコンクリートの流動性が増します。表面にコンクリート粕が付着しないので、転用回数が増してもコンクリート仕上面は美しいままです。